JCで夏の終わりの美肌ケア習慣|世田谷で美容院をお探しなら「ARROWS by strings(アローズバイストリングス)

web予約はこちら web予約はこちら

NEWS

JC〜夏の終わりの美肌トラブル

⭐︎これから、人の身体・お肌に悪い影響を及ぼす原因を紹介させて頂きます。

「紫外線の影響」

  • 春から夏にかけ(4〜7月)年間紫外線量の7割の紫外線を浴び続けた影響でメラニン色素が増加→しみ・そばかすの原因。
  • 角質層の重層化→くすみ・透明感が失われる。
  • うるおい不足→かさつき・透明感が失われる。
  • 紫外線Aの35〜50%は表皮を通過し、真皮まで達する事でハリ、弾力、柔軟性が失われる→シワ・ハリが無くなる。

「環境の影響」

  • 冷房の影響→肌表面の水分が奪われる。
  • 多量に汗をかく事で皮脂膜が流される→乾燥・透明感を失う。

「加齢の影響」

  • ターンオーバーが遅くなる→メラニンが滞り肌がくすみ、角質が厚くなりシワが目立つ様になる。
  • うるおい不足→透明感が無くなり、乾燥する事でシワが入りやすくなる。

「体調不良の影響」

  • 内臓の働きが悪くなり、便秘などで体内の老廃物の排出がスムーズで無くなる事で肌のうるおいが不足したり、疲れた印象を与えてしまう。

「ストレス、疲れによる影響」

  • ストレスを受けると血管は収縮し血液環境が不調になります。
  • また、疲労を蓄積させると、乳酸などの疲労物質が蓄積し、筋肉の動きが悪くなり血液環境が不調になります。
  • 血行が悪くなると→血液から取り込む栄養が減り疲れて見える。

 

「当店では、この様なお悩みを少しでも改善する為にお客様のお肌・体調に合わせたプランをご用意しております。」

 

自由ヶ丘クリニック×STRINGS